ケモノの品格

フリーランス女医の、子育て&ケモノ育て。

好きなことを趣味にしよう!

20170322.jpg

rosaが生まれてすぐに行動に移そうと思って結局昨日までズルズルと引きずってしまったのがお金のこと。
収入に限界があるならお金自身にお金を稼いでもらおうと、すぐに投資信託の扉を叩きました。

そして今日は保険の見直しも。「もしも私が…」のときの生命保険や定期(学資)保険への加入を済ませました。なんでも4月からの保険料が17%の大幅アップと聞いたものだから、重たいお尻を叩かれた気分だったんですよね。
私をロイター版にしていづれより高みへ娘が跳んでくれればと、ちょっとギリギリのところまで保険料を支払っていくことにしました。
年間の保険料をまかなえるように投信が軌道に乗ってくれればと思っています。

あとはフリーランスの強みを活かしてサイドビジネスを検討中。
好きなことを趣味にしよう。仕事を趣味にしよう。それがいつしか娘との合言葉になりました。
なんくるないさ~♬精神の子育て、黒犬にも適用出来るのかな?

にほんブログ村 犬ブログ 黒犬へ

徒歩であっても自転車とともに。

20170321.jpg

嫌なことを前に人は大抵身軽になりたがる。
まるで手元のガタピシ煩い自転車を「要らないかな。」ってわりとしれっとね、わずかな愛着もどこへやらでその場に放置していこうとさえするものだ。その自転車がこれまでの自分の生き様であり象徴だと薄々気付いているのに、全体的に錆び付いてどこか滑稽な時代遅れの"代物"には吐き気さえ覚えてしまうのだろう。

いつ終わるともわからない「必要のないモノ」を手放す理由付けが始まる。

もったいないなあといつも思う。その自転車はね、ヴィンテージものだよ。Masterカードでだって再び手に入れることはできないのに。

気が付けばもう4年近くが経過、一度は手放そうとしたそれを私は愛でる余裕さえ生まれていました。
過去を疎ましく思い全否定し、凝り固まった価値観もろともなかったことにしようとして、とにかく必死だったあの頃。今ではきょっとーんと傍観しています。まるっとしたのね、まるっと。

一時の感情で手放さずによくぞ堪えたと、これからは道中メンテナンスを忘れずにと言い聞かせる毎日です。
あ、でも待って。そういえば黒犬も常に一緒だったー!賑やかなのは良いことだ♡

にほんブログ村 犬ブログ 黒犬へ

グレーなオナゴ達とコグロの誕生。

20170328_2.jpg

新年会やろうね!と約束してから早3ヵ月、Y姐さんは週末遠征で東京にはいないし、C姐さんは車があったりなかったりでディナーの都合がなかなかつかずにいる。それでいて、やれデキモノが気になるだの、やれおなかピーピーだのと騒いで、それぞれの犬を連れて各々職場に駆け込んで来るから呆れてしまう。

ふたりで来い!まとめて来い!グループLINEでのしょーもないやり取りにはもう飽きたぞ(笑)!

最近ガールズトークに娘rosaが加わってもっぱら4人での食事会ですが、Y姐さんはどうやらrosaのことが苦手らしい。
若干2歳半のこのオナゴに全てを見透かされているようだ!と慌てふためく。C姐さんには笑顔で応えるrosaが、なぜかY姐さんのときは沈黙の冷たい視線でじっと見返すにとどまるのだから無理もない。

感受性豊かなrosa、繊細なrosa、もろもろ全て私に似たんだな。取り扱い注意のいいオナゴだよ。

そういえば10日ほどまえに欧州でコグロ♂が生まれまして、日本では希少な訓練系グローネンダールがやってくることになりました。まだまだふにゃふにゃですが、Y姐さん指導の下まずはBH試験合格に向けて頑張ります。そしてゆくゆくはIPOの世界へ!
ものすごーく嫌がるY姐さんの顔が浮かびますが、そんなの知らなーい。

にほんブログ村 犬ブログ 黒犬へ

Of Mereaso Square...

20170326.jpg

片想いは現実。


二泊三日のプチ旅行から帰宅してから、どうも都会にチューニングが合わない。
自宅にいるのに落ち着かず、雪見の露天風呂を求めてしまうのでした。
今日は朝から乳腺腫瘍のオペだったというのに、オペ後はやっぱり凛とした冷たい空気と満天の星空を思い出したりして。
都会暮らしだからこその贅沢な葛藤だよと、釘を刺されたのでした。

ちょいと粋なお嬢さん。

20170308.jpg

「オトナになったら…」がブームのhiro、オトナが何たるかに興味津々です。
単純に大きくなったらという意味で使う場合と、子供との区別で使う場合があることに気付いたのです。

「オトナってなに?」
「大きい人、って書いて大人って読むの。歳を重ねるって、目の前で起こっていることに柔軟に対応すること、選択の幅を広げられること、受け止めてくこと。そんな風になっていくのがオトナってものさ。」
「そうなのねー。大人になりたいー。」

まずは飲み物から?女子力UPのために飲んでいました。お味は気に入ったようです。私は苦手なんだけどな。

明日が読めるわけでもないのに。

20170215-3.jpg

言葉が浮かんでは消え、浮かんでは消え、最後にはフラットな感覚。
鈍感力、身に付いてきました。
人って変われば変わるもの、私も、あなたも。

食の充実、こころの安定。

20170215-4.jpg

焼きたてのおいしいパン、いいですよね。最近その匂いをかいでいなくても鼻の奥に残っているのか、バターの柔らかいあの心地よさを思い出していつも以上におなかが鳴りました。

1週間ほどステロイド療法を実施したA♂は、休薬後に再びCRPが上昇し食欲低下。やはり今後はステロイドが切れないのかと思うととても気が重たい。なんといっても大型犬では副作用としての尿量増加に対応するのがとても大変です。夜間も排泄を気にかけてやらないといけないので、こうなったらシクロスポリンを使おうかと思うものの薬価の比較でやはり断念。ステロイドの利点はその安さ、ありがたい。大型犬の医療費って、本当に高いなぁと寂しいお財布とにらめっこの日々が続きそうな予感がしています。

血中T4、fT4の測定もおざなりで、本当に申し訳ないと思っています。今日はまた貧血がちょっと進行していたね。
痛みがあると気が滅入ってしまうのか、食欲も急降下してなかなか元に戻らないA♂。より一層細やかなケアが必要になってきた12歳でした。3月の旅行前に一度全身スクリーニングをしようね。

病は気から。食べることは生きることに直結します。
今日からまたステロイドの投与を開始して、食欲増進という嬉しい副作用に期待しています。今夜は焼きたてのフランスパンを買って帰ろう。

夢から醒めて、また夢。

今まで信頼していた人にひょんなことから嫌悪感を覚えたり、最近波長が合い始めたなぁなんて感じていた人と、"同じ釜の飯を食べる"という文字通りの間柄になったり、ポツリポツリの外来だった今日はそんな日でした。オペもなかったしね、たまにはこういう日って必要で、汚れた心のフィルターをお掃除できました。

人生で遭遇するまさかの坂、それがまさかの天国かまさかの地獄かはそのときには勿論わからないけど、片道切符の目的地は、人生の分岐点をどういくかでいかようにも変わることを知った。全ては思考の成せる技で、誰かの幸せをないがしろにするようなことさえなければ、必ず終着駅は自分が行きたかった場所になっている。だからそれが急行でも各停でも、とりあえず景色を楽しもう。

ふきこぼれそうな感情の鍋、ここ数年は慌てて蓋をするばかりだったけど、今日はじめて新たな具材を大量投与すればいいだけってことを知りました。転職、引越、出産…なんでもいい、思考の幅を広げるきっかけとなるみずみずしい具材であれば、適当な差し水などしなくてもまたコトコト嬉しい音をたてていい匂いがしてくるんですよって。

やっぱり料理は得意な人に聞いてみるのが良い。その人のお鍋の味見なんて出来たら最高で、火加減だったり隠し味だったり味の幅を広げていくときには、色々覚えなきゃいけないことや急をしのぐ方法があって大変なんだけど、知っていれば焦げてしまうことはない。
キムチ鍋の人が鴨鍋にしたいと思ったらまた新しい土鍋を買えばいいだけで、キムチ鍋のほうは溶き卵をいれて雑炊にすれば、きっと美味しい。その鍋を調理してきたことは、その人のプライドでありロマンであり歴史。その人自身が美味しいと感じることが出来たなら、それでいいのだー。

はじめまして、冬。

20170215-2.jpg

たしかに毎朝寒いのだけれど、冬という感じがしません。
どことなく街全体に漂う哀愁、音もなく舗道に舞い落ちた枯葉を踏みつけるブーツの足音みたいなピンとした空気感、不思議なことに今年は感じない。
だってそれもそのはず、娘のhiroがそんな"いとをかし(趣がある)"な部分を、うぇーい!!と振り払っていくから。
子供パワーはすごいね。苦い過去に想いを馳せようと思っても、その暇さえ与えない。そんなのかんけーねー‼とばかりに、ぐいぐいと自分ワールドに引き込んでいく。苦笑いするしかないよね。

きっと誰にでもある、あの曲が流れると憂鬱になるとか、すれ違った人のふとした仕草に昔の恋人を思い出してしまったとか、もう着ることはないからとクローゼットの奥にしまい込んだコートとか、想い出したくないのに忘れたくもない過去への鍵。

私にもあった、そんなトリガーでもあった冬が、今はもうそうでもない。
子供ってホント、天使なのかもしれません。

Latest