Quartet

ケモノ達の四重奏に翻弄される獣医師のつぶやきぽわわ。

秋になれば彼女は

夏は苦手です。一日中水分のみで過ごしたり、粉チーズで埋もれたたらこスパゲティ2人前を食べきったりと、とにかく食の質と量が安定しません。

BELLINIは相変わらずのおてんばで、断脚から早2ヶ月が経とうとしています。
抗がん剤はカルボプラチン、加えて活性化自己免疫リンパ球療法。プラセンタにマイタケ&ハナビラタケ、そして糖質を最小限に抑えた食事で骨肉腫と闘っています。

カルボは2回流しましたが、思っていたより白(seg)が下がらず安堵していたら、今日は赤ががっつり下がってきてやや貧血ぎみに。可能ならあと2回カルボを流したいので、EPO製剤を準備しておくかカルボを諦めるか、決断を迫られています。

決断、決断、決断。神様は酷なことを要求する。

皮下織縫合に使用したPDSが合わないようで、ここにきて離開。バンテージでなんとか治しているBELLINI、エリカラなしでものんびり受容してくれています。

いい子、ポジティブ、繊細でピュア。
彼女を助ける自信と覚悟、ありますか?あります!
スポンサーサイト

Latest